10/10試上映会のご報告

10/10の試上映会は、おかげさまで、とても好評でした。
遺伝子組み換え作物を与えたラットの長期実験のビジュアルは、とてもインパクトがあります。事実の裏面を暴く内容でもあり、予備知識を持たない方の価値観を大きく変える力を持ちます。様々なテーマで構成されており、鑑賞者によって異なる幅広い感想をいただきました。掲載の許可をいただきましたので、ある方のご感想をご紹介しますね。

 

今日はありがとうございました。

なんとなく分かっているけど、という知識も曖昧なままだったので、とてもお勉強になりました。

核エネルギー、遺伝子組み換え2つの技術がともにモンサント社が行っていて、、、GM作物の8割が加工品に含まれていて、、
その裏には、、、支配者を生み出し、命よりも、金儲けのために民衆が犠牲になっているという事実と裏側。
それでも、GM作物に農薬をまいても枯れない事からも農薬を強要する。

200匹のネズミにGM作物や除草剤を与えた結果、4〜5か月で腫瘍が見つかり、メスは乳腺にも腫瘍が見つかり、、24か月目にメスの80%に乳ガンがみつかるというマウス実験からわかりましたが、
マウではない私たちに置き換えると、今の便利な世の中は食べ物も沢山生産されていますが、農薬、添加物など含まれているそういう食品を口にする事で、、身体に害を与えている確率もたかいのではないかと私なりに思いました。
モンサント社はラットが死ぬ前に実験を終わらせ、死の危険性を知りながらそれを食べさせる政府。
その事実を知りながら何もしない訳にはいかないと思いました。
私も出来る事から始めてみます。 今日、クラスの子が遊びに来ていたので、今日の話をしました。そうやって人に話すということもより理解が深まり、伝えていけたらなぁって思いました。